スタッフブログ

お知らせや
健康について
地域の情報などを発信

膝に違和感がある…変形性膝関節症かも!? 伊丹 整骨院

健康

変形性膝関節症の原因は関節軟骨の老化によることが多く、加齢は変形性膝関節症の最大の危険因子となっており、40歳以上の5人に1人がかかると言われています。
男女比は1:4で女子が多くみられ、高齢者になるほど罹患率はたかくなります。
その理由は明確にはなっていませんが、男性に比べて筋力が弱い事や女性ホルモンの影響も言われています。

骨には再生する能力があるので、磨り減った場所や損傷した場所を修復しようとする力が働きます。
しかし、本来の支える力が弱まり、捻じれがおき、負担が増加したり、摩擦が大きので炎症がおき、水が溜まり関節内圧が高くなりすぎることで、正常ではない横にはみ出した形で骨が増殖していきます。
これが変形性膝関節症の方がよくいわれる骨棘です。これが出来始めると骨の変形が進みやすくなり、痛みは増加していきます。

変形性膝関節症の症状って?
初期では立ち上がり・歩き始めなど、動作の開始時のみ痛い、しばらく休んでいれば痛みが取れる。

中期では休んでいれば治っていた痛みがなかなか消えなくなります。痛みによって正座や階段の上り下りが困難になります。また、膝の関節内に水が溜まり、腫れや熱を持つといった症状が現れます。

末期になると関節の軟骨がなくなって骨が直接こすれる為、膝がピンっと伸びず立つことや歩行が困難になります。
安静時にも痛みが取れず、膝の変形も進行します。日常生活にも支障をきたし、行動範囲が狭まるため、精神的な負担も感じやすくなります。

変形性膝関節症にサポーターは有効?
膝のサポーターは変形性膝関節症を治すものではありませんが、膝の痛みを軽減したり膝関節を安定させて関節症の進行をを遅らせてくれる働きがあります。

●痛みの軽減
痛みの軽減が膝サポーターの大きな役割になっています。サポーターを装着することで可動範囲が制限されるため、膝への負担が少なくなります。
立ち上がる時や歩行の時、階段の上り下りなどの時に膝の痛みを感じにくくすることができます。

膝の固定
膝を固定することで関節や筋肉の動きを助けたり、無理な動きを助けてくれます。

膝の保温
膝のサポーターは保温目的にも利用されます。膝を温める事によって血行が良くなり、痛みが緩和される役割があります。
筒状の毛糸や温熱効果のある素材でできた保温用のサポーターがおすすめです。

執筆者:

関連記事

早寝早起きのメリットとは?

みなさん、早寝早起きしてますか? 規則正しい生活を送るには、生活リズムを作るために、早寝早起きが重要になってきます。 「早起きは三文の徳」ということわざがあるように、早寝早起きするとたくさんのいいこと …

乾燥に注意

日に日に寒さが増してきましたがいかがお過ごしでしょうか? 最近では天気予報で乾燥注意報が発表されるようになり、敏感な方は肌にも違和感を感じてきたのではないでしょうか? 当院でも加湿器を3台設置しました …

冷やす?温める?

みなさん、筋肉痛になったときどうしてますか? 筋肉痛は時間が経てば自然と治まるから。と、特に何もしないという方がほとんどだと思います。 では、もし、なにかするとするならば、みなさんはどうしますか? き …

新商品

みらくには色々なセルフケア用品があります。 その中で人気なのがコレ! 履くだけ整体ショーツ! 整体ショーツは、履いているだけで骨盤の位置が整う魔法のショーツ(^^)/ 補正下着ではないので、キツクない …

腱鞘炎(ドケルバン病) 伊丹 整骨院

骨と筋肉をつないでいる組織を「腱」といい、腱が通るトンネルである「腱鞘」が何らかの原因で炎症を起こして分厚く狭くなり、腱がスムーズに腱鞘を通過できなくなった状態が腱鞘炎です。 親指を伸ばす伸筋群が狭窄 …

最新記事