スタッフブログ

お知らせや
健康について
地域の情報などを発信

食中毒

スタッフ日記 健康

今回は、食中毒についてお話しします(^^)/

気温も湿度も高い真夏に食中毒が多いと思われがちですが、実は9月~10月のこの時期に多いということをご存知でしょうか?

夏バテで体力が落ち、免疫力が低下しているのに加えて、大きな気温の変化で体調を崩しやすいことや体育祭、紅葉など野外での食事が増えることが影響していると考えられます。
また、秋はキノコやフグといった美味しい食べ物もあるので、自然毒による食中毒が増えてきます。

食中毒の原因として最も多いのは細菌やウイルスによる感染症のものですが、自然毒にも注意が必要です。

食中毒の代表的な原因菌は、アニサキスやカンピロバクターです。
鶏肉などしっかり加熱せずに食べること、刺身に付着したアニサキスに気付かず食べてしまうことで発生しやすくなります。

食中毒にならないようにするためには
     菌を付けない・増やさない・やっつける
                      ことが重要です。

菌を付けないとは、‟よく洗い、分ける”ということです。
手には様々な菌が付着してるので、調理する前、食事の前には十分な手洗いをしましょう。
これに関しては、みなさんコロナ対策で嫌というほどやられてると思うので、大丈夫だと思います。
ただ、注意してほしいのは、残った生肉・生魚の保存方法です。
菌が広がらないように他の食材と分けてタッパーなどの密封容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。

菌を増やさないということは、‟低温で保存する”ということです。
多くの細菌は高温多湿な環境下で増殖が活発になりますが、10℃以下ではゆっくりとなり、マイナス15℃以下で停止します。
食材に付着した菌を増やさないために、低温で保存することが重要です。

菌をやっつけるとは、‟加熱処理をする”ということです。
ほとんどの細菌やウイルスは加熱することによって死滅します。
お肉・魚、野菜なども加熱して食べると安心安全です。
特に肉料理は、なかのなか中心までしっかり加熱することが大事です。
また、台布巾もお湯につけて殺菌処理しましょう。

食中毒に気を付けて秋の味覚を楽しみましょう(^^♪

みらく鍼灸整骨院では、感染症対策の強化を引き続き行っております。
予約人数の制限などでご迷惑をお掛け致しますが、ご協力をお願い致します。

執筆者:

関連記事

下半身太りの原因は反り腰だった!! 伊丹 整骨院

同じ体重の人と比べて、自分だけ下半身が太いのはなぜ?と不思議におっもたことわありませんか? 実は反り腰と下半身太りは密接な関係があります ●反り腰が下半身太りになってしまう仕組み 反り腰とは、骨盤が前 …

干渉波物理療法って?

今回は、干渉波物理療法 についてお話しします。 保険の患者様は干渉波(電気治療)もします。 まず、干渉波治療器がどういうものなのか?というのを、分かりやすくいうと 体の中で電流を交差・干渉させることで …

身体のケアしませんか?

早いもので4月も今日で終わってしまいますね。 4月は新生活の始まりで忙しい時期だと思います。 新しい環境で慣れないことが続き、疲れを感じたり、体調が優れない方もいてるのではないでしょうか? 1ヶ月が経 …

no image

足組んでませんか?

みなさん、椅子に座ってるときに足組んでませんか? 足を組むのが癖になってしまっていて、このまま足組むのを続けていたらどんどん骨盤が歪んでいってしまいます。 足組んだときに上にくる足は大体同じ方の足だと …

座り仕事のあなたに

普段生活している中で椅子に座ること多いですよね。 特にデスクワークされてる方は、一日の大半を椅子に座って過ごしてるのではないでしょうか? その際、 背もたれにもたれすぎてませんか? 足を組んでませんか …

最新記事