スタッフブログ

お知らせや
健康について
地域の情報などを発信

気づいてないうちに噛み締めてるかも…

健康

2021年7月6日

歯ぎしりや噛み締めを皆さん意識されたことはありますか?

ほとんどの方は歯医者で指摘され、気づく場合が多いようです。

皆さんは安静時の自身の口の状態はどうなっているでしょうか?
正常な状態は、唇を閉じていても上下の歯は触れずに隙間ができています。
ですが、習慣やストレスなどが起因となり無意識で閉じている方も多くいます。

無意識での噛み締め・歯ぎしりは、通常の噛む力に比べ10倍にもなるとされています。

スマホ、パソコン、テレビ、読書、寝ている間、など長時間に渡って噛み締め・歯ぎしりをしていると

歯や噛むための筋肉に異常が起こるのは当然といえます。

噛み締め・歯ぎしりで起こる症状
・顎関節症
・虫歯
・知覚過敏
・歯のすり減り
・歯並びが悪くなる

以上のような症状以外にも、噛むための筋肉が疲労し硬くなることで、関連する筋肉も硬くしてしまいます。

そうすると顎関節症だけでなく、肩コリや首コリ、筋緊張性頭痛なども起こりやすくなってしまいます。
ここまで来るとストレスの悪循環が増し、噛み締めの頻度がより多くなり更に身体のツラさも増してしまいます。

噛む時に使う筋肉

・咬筋(こうきん)
・側頭筋(そくとうきん)
・外側翼突筋(がいそくよくとつきん)
・内側翼突筋(ないそくよくとつきん)

この中でも咬筋が約90%噛む際に働いているといわれています。

噛み締め・歯ぎしりが多い方は咬筋が発達しエラが張ってくるのも特徴です。

当院では硬さの状態を見極めヒアリングを行い、患者様が快適に過ごして頂ける様に施術の提案をさせて頂いております。
噛み締め・歯ぎしりが強そうな場合には、歯医者さんでのマウスピース(ナイトガード)作成なども勧めさせて頂きます。

みらく鍼灸整骨院では、感染症対策の強化を引き続き行っております。
予約人数の制限などでご迷惑をお掛け致しますが、ご協力をお願い致します。

執筆者:

関連記事

熱中症にも種類が!?

今年の夏は例年より暑くなるといわれていますね(;´Д`) これは毎年ですが、熱中症には十分に気を付けて過ごさないといけないです。 よく熱中症熱中症と言いますが、熱中症がどういったもので、どう対処するの …

美容室へのベンチマーク(^^♪

今回も少し前のお話・・・ みらく鍼灸整骨院に併設している、M’s Stayle RACUNISSは女性専門の美容整体サロンです。 女性の先生が女性の為に、姿勢から健康美容を作り上げています …

免疫力と筋肉の関係

こんにちは!みらく鍼灸整骨院です。 10月を迎えましたが体調を崩していないでしょうか? 冬に向けてコロナウイルス対策をしていく方も多いかと思います。 さて、今回はコロナウイルス対策にも必要な免疫力と筋 …

睡眠について

私達の健康には 「休息・運動・食事」 が絶対必要条件になります。 その中で、私は睡眠にフォーカスしてみたいと考えています。 私達はなぜ眠るのでしょうか? 疲れたから眠るという、消極的・受動的な生理機能 …

人気スタイリストさんだから・・・

今月行っている、 「姿勢改善 恵顔の輪 拡大キャンペーン!」 ですが、大変好評でして院内の患者様たちからは、 「今までと違う!」と喜んで頂いています(^^♪ こちらにも喜んでくださった患者様が、 「い …

最新記事