https://miracu.net/

スタッフブログ

お知らせや
健康について
地域の情報などを発信

腰痛の原因は?

痛み

腰痛の原因

腰痛の85%は原因不明と言われています。
原因不明の腰痛を「非特異的腰痛」、残りの15%は原因を特定できる「特異的腰痛」と2種類に大きく分けられます。

◯特異的腰痛の代表的なもの
・腰椎椎間板ヘルニア
・腰部脊柱管狭窄症
・腰椎圧迫骨折
・脊椎炎

◯非特異的腰痛の代表的なもの
・筋・筋膜性腰痛
・椎間関節性腰痛
・仙腸関節性腰痛
・椎間板性腰痛
・心因性腰痛

非特異的腰痛に関しては、生活習慣・職業・ストレスなどの原因も大きく関係してきます。
なので、原因を特定する事が困難になり慢性的な腰痛で悩まれる方が多くなると考えられています。

人間の進化の過程に原因が?

人間は、四足歩行から直立二足歩行での移動様式へ進化を遂げました。
その進化の過程において、重力に抗して背骨が垂直になり、背骨のS字カーブ・腰椎の前弯(反り)が生まれました。
背骨のS字カーブがある事で、垂直方向にかかる負担が少なくなります。反対に、背骨のS字カーブが崩れると、腰椎や椎間板など、腰椎周辺の組織に負担がかかってしまい腰痛の原因になってしまいます。

椎体の間のクッションの役割をする椎間板は、上下方向への衝撃には強いですが、横方向やねじれる方向へのストレスには弱いです。特に日常生活の中では、腰をねじるようなストレスがかかりやすい事が多いので腰痛を起こすことも多くなっています。

環境の問題が腰痛に

・猫背や反り腰などの姿勢
・デスクワークなどの長時間作業
・中腰での重労働
・運動不足
・精神的なストレス
・ソファーの座りすぎ


猫背のような背中が丸まった姿勢や腰が反り過ぎている姿勢も、不良姿勢=腰痛と密接につながるわけではありませんが、そういった姿勢が持続することで、筋肉が硬くなり、血流が悪化することで腰痛につがります。
日常生活のなかで座る時間が長くなることが増えてきています、腰に負担がかかりやすい分、定期的に姿勢を変えたり、ストレッチをすることがとても重要です。

腰痛と股関節の関連

・股関節の動きが悪くなれば、腰椎に負担がかかる
・腰椎の動きが悪くなれば、股関節に負担がかかる

腰痛だからと言って、腰部のみに原因があるとは限りません。
股関節の動きの悪さ、股関節の不安定性が原因となって、腰椎に負担がかかり腰痛になっていることも多くあります。
特に、変形性股関節症では、多く見受けられます。股関節の安定性を高める為に、骨盤前傾、腰椎前弯が強くなることで腰痛を引き起こします。その場合は、股関節の問題が大きいので、腰痛の治療には注意が必要です。

執筆者:

関連記事

踵の痛み 原因

こんにちは!今回は成長期の子供にみられる踵の痛み踵骨骨端症(シーバー病)について説明させて頂きます。 上の写真の子は左踵の痛みを訴えています!右踵に比べて違いがあるのが分かるかと思います。 ~シーバー …

肩こりのお悩みは、伊丹市のみらく鍼灸整骨院へ

肩こりの症状は? 肩こりに何故なるの?原因は? 肩こりの対処法・予防法は? まとめ 肩こりの症状は? 肩こり症状としては首筋から肩にかけて、または肩から背中あたりに張り感や凝り、ダルさや痛みが生じます …

最新記事