スタッフブログ

お知らせや
健康について
地域の情報などを発信

腱鞘炎(ドケルバン病) 伊丹 整骨院

健康

骨と筋肉をつないでいる組織を「腱」といい、腱が通るトンネルである「腱鞘」が何らかの原因で炎症を起こして分厚く狭くなり、腱がスムーズに腱鞘を通過できなくなった状態が腱鞘炎です。

親指を伸ばす伸筋群が狭窄されて起こる「ドケルバン病」や指を曲げる屈筋群に炎症がでる「ばね指」などの患者が多いいです。

<原因>
一番の原因は親指の使いすぎです。親指に負荷をかけすぎる事で、親指を伸ばすための腱である「短母指伸筋」や広げるための腱「長母指外転筋」が傷つき腫れてしまいます。それと同時に、この2つの腱を覆う腱鞘も厚くなってしまい、腱の通り道が狭くなってしまいます。さらには、腱が腱鞘を通過するときの滑りも悪くなってしまう為、親指・手首を使うとより一層炎症が拡がてしまい、腫れや痛みといった症状が酷くなるという悪循環に陥ってしまいます。
また、近年よくスマートフォンが普及したことによって「ドケルバン病」と診断された患者さんが増えたため、「スマホ腱鞘炎」という別名もつけられています。
女性ホルモンの変動(プロゲステロンの増加・エストロゲンの減少)も1つの原因となります。
実はドケルバン病は女性に多いのです。その理由に「女性ホルモン」が関係しています。ドケルバン病になりやすい時期の一つである妊娠・出産時期には「プロゲステロン」という妊娠維持に必要なホルモンが通常期よりも多く分泌されています。このプロゲステロンには、腱を覆う”腱鞘を収縮させる”という作用を持っていることから、腱の滑りを悪くする原因の一つとして考えられています。
一方で更年期の時期には、卵胞ホルモンと呼ばれる「エストロゲン」が閉経に伴い減少していきます。エストロゲンは女性らしい体つきを作る・髪や肌の潤いを保つ働きだけでなく、腱や関節を柔軟に保つという作用を持っている為、減少することで腱や腱鞘が炎症を起こす原因となっております。

<発症しやすい人>
●妊娠・出産期:20~30代
→授乳や沐浴で赤ちゃんの頭を支える時など親指を広く開く動作を頻繫にすることで親指に負担がかかることが原因です。妊娠・出産によるホルモンの影響もあります。

●更年期:50~60代
→閉経に伴うホルモンバランスの変化や家事による手の酷使が原因です。

※ドケルバン病は、手の細かい動きを必要とする・長時間にわたって手首を酷使するような職業の人たちが罹りやすく、「職業病」ともよばれています。

料理人・美容師・ピアニスト・テニスプレーヤー・ゴルファー・パソコン作業をよくする人・スマホを片手で操作する人。のような人は特に指を酷使することがあるので発症しやすい業種と言われております。

執筆者:

関連記事

膝に違和感がある…変形性膝関節症かも!? 伊丹 整骨院

変形性膝関節症の原因は関節軟骨の老化によることが多く、加齢は変形性膝関節症の最大の危険因子となっており、40歳以上の5人に1人がかかると言われています。 男女比は1:4で女子が多くみられ、高齢者になる …

当院はボランティア活動に力を入れています!

姿勢改善教室 ・子どもから高齢者まで姿勢不良による生活の質が低下しない為の講義活動。 スポーツコンディショニング ・スポーツによるケガをしない為の身体づくりについての講義活動。 スポーツトレーナー ・ …

起立性低血圧 (立ちくらみ・めまい)

今回は起立性低血圧についてお話しします(^^)/ 起立性低血圧とは一般的に「脳貧血」「立ちくらみ」と呼ばれているものです。 起立性低血圧になるとふらついたり、意識が遠くなったり、軽いめまいを起こします …

身体が叫ぶSOSから・・・

今月はキャンペーン続き(^^)/ 今回の患者様は、40代女性。 実はこちらの患者様の弟さんが、大山代表の同級生という事。 弟さんから、 「姉ちゃんがヤバいみたいや!助けたってくれへんか?」 そんなSO …

運動しない生活からの脱却!!

最低気温も0度を記録する日があるなど、寒さが増してきましたが皆さんいかがお過ごしですか? 寒い時期に入ると身体を動かすのが億劫になりますよね。。。 さらに、年末年始休暇がある方などは生活リズムの乱れが …

最新記事