https://miracu.net/

スタッフブログ

お知らせや
健康について
地域の情報などを発信

産後骨盤矯正 伊丹市

姿勢 猫背 美容

2020年5月15日

昨日は無事に出産されたママさんにご来院いただきました!
出産おめでとうございます!
お身体の状態も確認させてもらうと、骨盤の前傾と捻れがみられ全体的に筋肉の動きが出にくくなっている箇所が多かったです!

当院としてはお悩みの解決のため骨盤矯正と筋力回復の為に楽トレを提案させて頂きました。
これからセルフケアもして頂きながら体質改善を一緒に頑張って行きましょう♪

どのママさんも、今回の様なお身体の状態になってしまうのも仕方のない部分がありますので下に説明させて頂きます。

まず女性ホルモンのひとつ「リラキシン」と呼ばれるホルモンが全身の靭帯をゆるめる働きがあります。出産時にこのリラキシンが分泌され、骨盤が開きやすくなり子供が出てこれる状態をつくります。(生理前にも分泌されます)このリラキシン、出産が終わるとすぐに分泌されなくなるわけではありません。分泌は産後数ヶ月は続き、その間骨盤の結合部分はゆるんだままです。

骨盤は、このリラキシンのゆるみを利用して、自然に産前の状態に戻ろうとしますが、出産の時に大きくゆがんだりずれたりしますので、その状態のまま元に戻ろうとしてしまいます。ですので産後は骨盤矯正で骨盤のケア・メンテナンスをする必要があるのです。

また、妊娠してお腹が大きくなるとバランスをとるために腰を反らし、背中を丸くした体勢を数ヶ月続けることになります。この体勢がクセになってそのまま続けてしまうと、さらに骨盤がゆがんでいってしまいます。

<産後骨盤矯正はいつから始めるのか?>
体調が安定してくる産後1~2ヶ月後を目安に始めるのがいいと言われています。

一方で産褥期(さんじょくき)と言われる、身体が妊娠前の状態に戻るまでの期間(一般的に産後1ヶ月~1ヶ月半)は安静に過ごさなければなりません。
とはいえ、産後の身体の状態は人それぞれ。自分の身体の状態から、整骨に通えるかを判断する必要があります。

<帝王切開の場合は?>
産後に骨盤矯正を始める目安は産後2ヶ月目からですが、帝王切開の場合は注意が必要です。帝王切開は自然分娩より身体の治療が遅れる為、医師の判断を仰ぐ必要があります。

出産時の傷口がしっかりと塞がってからでないと、また傷口が開いてしまったり炎症を起こしてしまったりする恐れがあります。帝王切開をした病院で確認してから、骨盤矯正を始めましょう。

<産後の骨盤矯正グッズはいつから?>

〇骨盤ベルト:産後すぐから
骨盤ベルトは、産後すぐから着用しましょう。日中の家事や子育て中にも、骨盤ベルトを着用しながら過ごすことが可能です。

→腰痛・恥骨痛の改善、産後太りの予防

〇ガードル:産後2ヶ月目から
ガードルは、悪露が収まった産後2ヶ月あたりから着用しましょう。締め付け力があるため、出産直後の着用は避けるべきです。

→骨盤の回復サポート、お腹や太ももの引き締め

産後だけでなく、普段生活しているだけでもゆがみやすい骨盤。歪んでしまうことによって、腰痛や股関節痛、恥骨痛、尾骨痛など、痛みの症状をはじめ、生理痛、便秘、ひえ、むくみなどの症状も引き起こし、基礎代謝の低下も招いてしまうので歪みが残ったままの生活はオススメしません^^;

執筆者:

関連記事

猫背矯正講座

本日は代表が猫背矯正講座を新大阪で行ってきました! 当院で行う猫背矯正を全国の先生にお伝えする。 第63期は大阪、兵庫、高知、石川の先生が受講されているんですね😊 実技だけでなくしっかりと理論もお伝え …

スマホの見過ぎはストレートネックに…

近年、ストレートネックが増えている原因はスマホです。スマホを使用する場合はうつむいたままの状態が続きがちです、うつむいた状態は頭を支える首に大きな負担をかけ本来であれば緩やかなカーブを描いているはずの …

猫背は悪い姿勢じゃない!?

今回は皆さんが誤解をしているかもしれない、姿勢にまつわる話をしていきたいと思います。 もし、家族や友人などに【猫背】だよ!と言われると皆さんはどういった気持ちになりますか? ほとんどの方は、『そんなに …

みらく健康情報!!

みらく鍼灸整骨院では定期的に健康新聞を発行してます!! 今回は注目の『免疫力』についてです!!\(^o^)/

O脚の原因   伊丹 整骨院

O脚は見た目のコンプレックスにつながりやすいですが、酷くなると膝痛の原因にもなります。 <原因> O脚とは、両方の脚の膝が外側に向き揃えようとしてもくっつかない状態の事です。O脚の原因は数多くあります …

最新記事