スタッフブログ

お知らせや
健康について
地域の情報などを発信

筋肉が減っていく食生活していませんか?

健康

2020年10月20日

最近では健康意識の高まりからか『筋肉をつけるにはどうすればいいですか?』と聞いてくださる方が多くなりました。
筋肉をつけるには、筋肉に負荷を与えてトレーニングを行うのは当然のようにしなければいけません。
なので、今回は筋肉を維持していくための食事についてお伝えしていきます。

まず、カラダに必要な栄養素として『糖質』『脂質』『タンパク質』『ビタミン』『ミネラル』と5つの栄養素があります。
この栄養素をまんべんなく摂取することが筋肉をつくる上での大前提となります。

毎日3食を食べていたとしても栄養が偏っていると、筋肉は細くなってしまうということを知っておかなくてはいけません。

・『糖質』はカラダを動かすエネルギー源となる。

・『タンパク質』は、筋肉や骨、血液、内臓などカラダを構成する。

・『脂質』もカラダのエネルギー源となる。細胞膜形成の材料となる。脂溶性ビタミンの吸収を助ける。

・『ビタミン』は体内で作り出せない栄養素なので食品から摂取する。体内の様々な機能を調整する働きを持つ。

・『ミネラル』は無機質ともいい、体組織の構成成分、神経や筋肉の興奮、体液の調節、骨代謝、貧血などに関係します。

上記の5つの栄養素をまんべんなく摂るからこそカラダは良い状態で維持されていく訳ですね。

『糖質』   … ごはん、パン、うどん、じゃがいも、バナナ、さつまいも

『タンパク質』… 肉、魚、卵、貝類、乳製品、大豆製品

『脂質』   … サラダ油、ナッツ類、バター、肉の脂身、魚の油

『ビタミン』 … 野菜、果物、納豆、豚肉

『ミネラル』 … 牛乳、納豆、わかめ、きのこ類

 

・タンパク質を計算しながら摂取して筋肉を減らさない食生活を

厚生労働省が定めている1日に必要なタンパク質量は成人男性で約50グラム、成人女性で40グラムとなっています。

1日の推奨量は成人男性で約65グラム、成人女性で50グラムとなります。

この1日の必要量を下回る。もしくはタンパク質量が足りていたとしても、その他の栄養が足りない場合でも筋肉は細くなってしまいます。

トレーニングをして筋肉を増やしていく場合には、トレーニング強度によってですが体重×1.3~2.0gが必要になってきます。

ハードな運動をする場合は60kgの方だとタンパク質量120gとかなり多いのでプロテインなどで効率よく補います。

食が細くなるにしてがって必要量に達しない場合が多くなってきてしまいます。カロリーオーバーも困りますが、1日の推奨量ぐらいまでは必ず摂取するように心がけて下さい。

・まとめ(筋肉を減らさないために)

1.5大栄養素をまんべんなく摂取する。

2.毎日3食していても栄養の偏りがあると筋肉は減る

3. カロリーオーバーさせず推奨タンパク質量を摂取する

みらく鍼灸整骨院では、感染症対策の強化を引き続き行っております。
予約人数の制限などで、ご迷惑をお掛け致しますが、ご協力をお願い致します。

執筆者:

関連記事

正しい姿勢は世界が変わる(^o^)

今回の患者様は病院勤務で、臨床工学技士のお仕事をされています。 猫背矯正は何度か受けた事があり、また、最近では肩こり整体も受けられています。 施術を受ける前は身体がフワフワして、安定しないと言われてい …

起立性低血圧 (立ちくらみ・めまい)

今回は起立性低血圧についてお話しします(^^)/ 起立性低血圧とは一般的に「脳貧血」「立ちくらみ」と呼ばれているものです。 起立性低血圧になるとふらついたり、意識が遠くなったり、軽いめまいを起こします …

腰がすごく楽です!

今回ご紹介するのは、工場勤務の30代男性。 重いものをよく持つ為に、腰が痛くなりやすいのですね。 姿勢を改善されて、こんな感想 「腰がすごく楽です。」 工場内での作業も色々とあると思います。 しかし、 …

ケアしてますか?

首・肩コリや頭痛が出るのでスマホは使いません。パソコン作業はしません。下を向いた作業もしません。 そんな方っていらっしゃいますか?(; ・`д・´) 私はそんな方聞いたことないです。日常生活の中では必 …

キッズルーム完備!

みらくには他院と異なるところがあります。 それはキッズルームです(*^ω^*) キッズスペースじゃ無いですよ! キッズルームです! 半個室の施術スペースがキッズルームなんですね(^○^) お母さんが施 …

最新記事